INTERVIEW #

03

様々な人の思いが交錯する場所

川邊まゆみさん(dots.)

KEYWORDS

  • Uターン
  • ファッション
  • 開業
  • 雑貨

2020.03.27 UP

個性溢れるお店が軒を連ねる『みなとがわ倉庫』の中に、女性服、アクセサリー、アンティーク雑貨、古道具等を扱う一軒のセレクトショップがある。「好きなものを揃えているだけです」と話す店主の川邊まゆみさんの審美眼に惹かれ、県内外から人々が集まっている。『みなとがわのみのいち』の主催も行った川邊さんに、『dots.』を通して見える氷見の景色について伺った。

取材・文 / 坂本是広

– 氷見には『dots.』のようなセレクトショップは少ないと思います。まず、どうしてお店を始められたんですか?

川邊:私は氷見市出身で、氷見市外の服飾専門学校を卒業後、氷見市内の会社に勤務していたのですが、この『みなとがわ倉庫』で開催されていた『みなとがわ のみのいち』に、たまたま客として遊びに行ったんです。すると今まで氷見では見たことがなかったような賑わいで、おしゃれな方や、素敵な方、若い方からお年を召された方まで、多種多様な人が集まっていてびっくりしました。「氷見でもこんな場所が創れるんだ!」と感激したことがきっかけですね。

– 店内に足を踏み入れてまず圧倒されるのが、この素敵な空間です。高い天井を活かした美しい内装の中に、選りすぐりの商品が綺麗に陳列されていて、空間全体がとても魅力的です。

川邊:ありがとうございます(笑)。好きなものを揃えているだけで、まだ完成形ではないです。これから全く別のテイストに変化することもあるかもしれないけれど、その過程も楽しんでもらえるような空間作りをしていきたいですね。

– 『dots.』を経営していく上で、大切にしていることはなんですか?

川邊:自分の感覚に素直に従うということを大切にしています。自分が好きではないものを陳列することはできませんし、そのようなものをお客様に提供することもできません。自分の感覚や価値観、ライフスタイルこそが『dots.』がお客様に提供できるものかなと思っています。

– 川邊さんはお店の経営以外にも、『みなとがわのみのいち』を主催するなど、積極的に活動されています。それらの活動をする意味とは何なのでしょうか?

川邊:『dots.』の店名には、「点と点を繋いで線にする」という意味を込めました。『dots.』にしても『みなとがわのみのいち』にしても、そこに集まった人で様々な価値観を共有したり、時にはぶつけあうことで、氷見という土地がより豊かになっていくのではないかと思っています。そのような繋がりが生まれるきっかけを作っていきたいんです。

そして氷見には素敵な作家さんもたくさんいます。『dots.』では作家さんの商品を陳列したり、展示会を行ったりしているのですが、お店を通じて、そのような活動をサポートできれば良いなと思っています。

dots.

住所 / 富山県氷見市朝日本町12-22
   みなとがわ倉庫#2
TEL / 0766-75-0362
メール / dots.minatogawa@gmail.com
HP / https://dots.amebaownd.com/
営業時間 / 土・日 11:00〜17:00
定休日/ 不定休

KEYWORDS

  • Uターン
  • ファッション
  • 開業
  • 雑貨

KEYWORDS

CONTACT #

富山県氷見市での起業を考えている方向けに、相談窓口をご用意しています。
どんな些細なご相談でも、スタッフが親身にお伺いさせていただきます。